原油安が止まりませんね。
(今日時点で46円台)
ここまで下がるのはリーマンショック以来だとか。


いろいろとネットで見てみたところ、原油価格が下落した大きな理由は下記2点あるとのこと。
 ①アメリカのシェール革命による供給の増加
 ②従来の原油価格高騰による需要の減少

  ⇒替わりに原油に比べて安い石炭の需要が増加している(石炭はエネルギー単位の価格が原油の1/5)

こちらを参照しました
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41687

アメリカの産油高が増えた一方、中東が今のところ減産を決めたわけではないので、世界全体で供給過多になっているため原油安になっている。

つまり、需要を増やすか供給を減らさない限り、今後しばらく原油安は続くということなのでしょうか。
現在の下落トレンドから上昇トレンドに切り替わる瞬間を見定める必要がありますね。


原油価格は1990年代には一ケタまで下がったこともあり、今回どこまで下がるのか全く予想が付きません。

政治情勢が変わって急に不安定になったりすることも考えられるので注意が必要ですが、
今のところ日本国内の関連銘柄は好調です。

原油安関連銘柄
・運輸(空運、陸運、海運)
・ゴム製品(タイヤとか)、その他原油を材料とするもの
・電力

私の保有銘柄の中では、ASB機械はプラスチック製品を扱うので、長期的に見れば原価低減&設備投資増による売上向上に繋がると見ています。

あと、ガソリンが安くなればみんな車で出掛けるので、駐車場を運営するパラカも良い影響を受けるかな。。
(これはほとんどこじつけですね笑)

また、火力発電の燃料価格も安くなるため、
原発の再稼動が株価に与える影響も若干少なくなるのかな?とも思います。


何にせよ今年もいろいろなニュースが生まれるでしょうから、
世の中の動きに敏感でいたいと思っています。



Twitterもやっています。
よろしければフォローお願い致します。ブログの更新情報も載せてます。

 

ブログランキングの「サラリーマン投資家」カテゴリに参加しております。
皆様の応援が糧になりますので、宜しければ↓のボタンをクリックお願いします。


 にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ